日立システムズの「NETFORWARD クラウドPBXサービス」は、IP-PBX(構内交換機)の制御サーバー機能をクラウド型で提供するサービスである。主な特徴は、オンプレミスのIP-PBXと同等の機能を備えつつ、基本機能とオプション機能を分けたことで導入費用を内線1番号当たり月額650円(税別)からに抑えたこと。これまで機能が限定的な中小規模向けのIP-PBXを利用していたユーザーも、高機能なIP-PBXを手軽に導入できるようになるとしている。

NETFORWARD クラウドPBXサービスの活用イメージ図(出典:日立システムズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 オンプレミス型のIP-PBXで提供可能な様々な機能をクラウド型の月額サービスとして利用できる。IP-PBXの制御サーバー機能をクラウド型で提供するため、IP電話機や外線へのゲートウエイなどをユーザー拠点に設置するだけで、IP-PBXを利用できる。基本サービスの範囲内では、一般機能として内線相互接続、転送、保留、ピックアップ、外線機能として発信者番号通知、グループ着信、ダイヤルインができる。緊急通報(110番、118番、119番)もできる。必要に応じて、オプションでスマートフォン内線化やWeb電話帳など各種の機能を追加できる。

 サービス導入時には、要件のヒアリングを経て、電話機の台数や外線の回線数などの仕様を決める。ユーザー拠点側でのシステム導入については、既設のPBXからの移行方法など、クラウドPBXサービスを導入するための手順や運用方法を提案する。本番運用開始時には、課題が発生した際にすぐに対応できるようにシステムエンジニアが立ち会う。システムの変更申請などは、専用のヘルプデスクで支援する。

NETFORWARD クラウドPBXサービスの概要
用途と機能IP-PBX(構内交換機)の制御サーバー機能をクラウド型で提供するサービス
主な特徴オンプレミスのIP-PBXと同等の機能を備えつつ、基本機能とオプション機能を分けたことで導入費用を内線1番号当たり月額650円からに抑えたこと
基本サービスの提供範囲■一般機能として、内線相互接続、転送、保留、ピックアップ
■外線機能として、発信者番号通知、グループ着信、ダイヤルイン
■緊急通報(110番、118番、119番)もできる
オプション機能■モバイル連携サービス(スマートフォンを内線化する。通信キャリアが提供するFMCサービスとクラウドPBXサービスを接続することによって同サービスを提供)
■Web電話帳サービス(Webによる電話番号検索サービスを提供)
■通話料金管理サービス(電話番号ごと、設定グループごとの通話料金を確認できるサービスを提供)
■非IP系電話端末接続サービス(アナログ電話機やPHS端末の接続サービスを提供)
■パーコールサービス(通常であれば月に1回のタイミングで実施する設定変更を即日実施する)
価格(税別)内線1番号当たり月額650円
発表日2015年9月25日
出荷日2015年9月25日