企業のIT部門が直面する課題と、その解決策としてのITアウトソーシングを考えるセミナー「運用効率化を超えるデジタル化時代のアウトソーシング」が、2017年2月24日、東京・秋葉原のUDX ギャラリーネクストで開催された。基調講演を含む3つの講演とその講演者を含めたパネルディスカッションで、IT部門を活性化するためのアウトソーシングについて議論を深めた。

セミナー「運用効率化を超えるデジタル化時代のアウトソーシング」の会場風景
[画像のクリックで拡大表示]

 基調講演に登壇したのは、ITproの人気コラム「木村岳史の極言暴論!」でおなじみの、日経コンピュータの木村岳史編集委員だ(写真2)。タイトル「こんなIT部門・情報システム子会社は不要になる」という講演は、いきなり「断言します。IT部門に明るい未来はありません」と木村節、全開でスタート。これまで多くの経営者が一律にコスト削減した結果が、現在のIT部門劣化の原因であるとした。

日経コンピュータの木村岳史編集委員
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。

この記事に関連する資料