多方面にLINEが進出してきました。

 GaiaXソーシャルメディア ラボの末広です。

 2014年10月9日、LINEはLINE CONFERENCE TOKYO 2014を開催しました。

 様々な発表が行われましたが、今回の記事で取り上げるのは、近々個人・企業両方のLINE利用シーンが大きく変わっていきそうな3つの新サービス。

 1つめは、ショッピングモールなどの商業施設に特化した、店舗情報が地図に表示される『LINE MAPs for indoor』

 2つめは、LINE経由で決済やお金の引き出しができる『LINE PAY』

 3つめは、個人も『LINE@アカウント』を開設して個人間コミュニケーションを超えた『オープンコミュニケーション』

 どれも年内のローンチを予定しているとのことなので、現時点でわかっているこれら3つの新サービスの概要と、『できるようになること』を簡単にまとめました。

 ■目次

    発表された3つの新サービスまとめ。
    1. モール特化型マップ『LINE MAPs for indoor』
    2. 決済サービス『LINE PAY』
    3. 個人も『LINE@』を開設できるように

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。