皆様おはようございます。GaiaXソーシャルメディア ラボの末広です。

 日本のプロ野球は、日本シリーズも終わりストーブリーグに突入しましたが、今回は業界別Facebookページ分析の第二弾として、プロ野球12球団のFacebook公式ページ運用方法平均エンゲージメント率を徹底分析して、どの球団がファンと一番距離が近いかを調査していきます。

 一般企業とはやや運用方法が異なりますが、どれも非常にエンゲージメント率が高く、また参考になる点も多々あります。果たしてFacebookページの順位は、シーズンの成績とも比例したのでしょうか?あなたの応援しているチームはどんなページを運用しているのでしょうか?そういったことにも注目して、見ていただけると幸いです!

 ■目次

    プロ野球Facebookページ対決!一番ファンと距離が近いチームはどこだ!?
    1. 各Facebookページエンゲージメント率比較
    2. 各球団Facebookページの特徴・セリーグ編
    3. 各球団Facebookページの特徴・パリーグ編
    おまけ:編集長の日本シリーズ予想(※追記あり)

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。