次世代O2O(オンラインtoオフライン)の一つの形とも言われている『iBeacon』ですが、まだまだ「そもそもiBeaconとは何なのかよく分からない」という方も多いのではないでしょうか。

 Bluetoothを利用した機能で、商業施設やイベント会場で特定の「場所に近づくとメッセージやクーポンなどが届く」といった使い方ができるiBeaconは、今後のO2O施策を大きく変えていく可能性を秘めています。

 そこで今回の記事では、あらためてiBeaconとは何かから、iBeaconのメリット・デメリット、活用事例までをご紹介します。iBeaconについて気になっていた方も知らなかった方も、是非ご一読ください!

 ■目次

    iBeaconは難しくない!
    1. iBeaconとは?
    2. iBeaconのメリット・デメリット
    3. iBeaconの活用事例
    4. 今後のiBeaconの可能性と展開

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。