「マルケトのソリューションがアドビに加わるだけでなく、評判が高い日本のマルケトチームがアドビに加わってくれることを楽しみにしている」――。アドビ システムズ 代表取締役社長で日本およびAPAC(アジア太平洋地域)の代表を務めるジェームズ・マクリディ氏はこう期待を語った。

左からアドビ システムズ 専務執行役員 マルケト事業統括の福田康隆氏、アドビ システムズ 代表取締役社長 日本およびAPAC(アジア太平洋地域)代表のジェームズ・マクリディ氏、アドビ システムズ 専務執行役員の鈴木和典氏
[画像のクリックで拡大表示]

 アドビ システムズは2019年3月6日、2018年10月に米アドビが発表した米マルケト買収と統合を受け、日本での事業戦略の説明会を開催した。

 説明会で明らかになった2社統合の要点は以下の通り。

  • 2019年3月1日付けでマルケト日本法人はアドビ日本法人に統合された
  • マルケト日本法人の約100人は当面、アドビ日本法人の約600人とは別に、従来のオフィスで業務に当たる
  • マルケトが実践してきたサービスやサポート、2000人規模のユーザーコミュニティは当面継続する
  • アドビとマルケトの今後の製品開発方針ついて、2019年のロードマップは3月下旬にアドビが米ラスベガスで開催する「Adobe Summit」などで明らかにする

 アドビ システムズのデジタルエクスペリエンスを統括し、同社専務執行役員を務める鈴木和典氏は「今回、アドビが持つソリューションに、マルケトのリード管理とアカウントベースドマーケティング(ABM)技術を合わせてお客様に提供できるようになった」と話す。

 マルケト日本法人の代表取締役社長でアジア太平洋日本地域担当プレジデントを務めた福田康隆氏は、アドビ システムズ 専務執行役員に就任し、今後もマルケトの事業を統括する。福田氏は「マルケトがアドビの一員となり、企業にデジタルマーケティングそしてデジタルトランスフォーメーション(DX)を提供する会社になることをうれしく思う」と、マーケティングオートメーションにとどまらず企業のDXを支える役割を担えることの抱負を語った。