米国時間の2017年5月10日、「MarTech San Francisco 2017」の基調講演で、MarTech Conference主催者のScott Brinker氏が、最新版の「Marketing Technology Landscape」を発表した。デジタルマーケティングの拡大を端的に示す資料としてよく引用される同Landscapeは、今回の発表で4891社5381のソリューションがひしめく、さらに巨大かつ詳細なものとなっている。

「Marketing Technology Landscape」を発表するMarTech Conference主催者のScott Brinker氏
撮影:冨永 裕子
[画像のクリックで拡大表示]

テクノロジーのジャンルは6分類のまま

 Scott Brinker氏はMarTech Conference主催者で、ブログ『Chief Marketing Technolgist』を運営する。今回のMarketing Technology Landscapeの最新版公開に当たって、Go-to-Market(新規市場開拓戦略)専門のアドバイザリーファームIntelliphiの設立者兼CEOであるAnand Thaker氏の協力を得て作成したという。

Marketing Technology Landscapeの最新版作成に協力したIntelliphiの設立者兼CEOであるAnand Thaker氏
撮影:冨永 裕子
[画像のクリックで拡大表示]

 前年度版のソリューション数は3874だったが、2017年版は最終的に5381のロゴを掲載している(図1)。

図1●Marketing Technology Landscape 2017
出典:Chief Marketing Technologist Blog
[画像のクリックで拡大表示]

オリジナルのイメージはhttp://chiefmartec.com/2017/05/marketing-techniology-landscape-supergraphic-2017/からダウンロードできる


この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。