米マルケトは現地時間4月29日から5月2日まで、米サンフランシスコにて年次イベント「The Marketing Nation Summit 2018」を開催した。マーケティング+セールス機能に加え、貢献度(アトリビューション)分析とキャンペーンの効果測定という分析機能で独自技術を強化し、プラットフォームや先端技術の導入ではパートナーであるグーグルとの協調で実現した。

注力する製品イノベーション領域は五つ

 マルケトが今回のイベントで掲げたテーマは「The Fearless Marketer」。“fearless”は「恐れを知らない」「勇敢な」という意味。何が正解か分からず、先が見えない中、結果を求められているマーケターを勇気づけたいという思いを込めたという。同社CEO(最高経営責任者)のスティーブ・ルーカス氏は「Be Fast, Be Brave, Be Bold」という言葉で、自分たちを信じてスピード感を持って大胆に活動するよう、マーケターにエールを送った。

 製品面では、2017年のイベントでも訴えた「エンゲージメント」構築のためのプラットフォームをさらに強化する。マーケターが「プラン」「エンゲージ」「測定」の3段階でマーケティングオペレーションを捉えていることを踏まえ、その全てを効果的に実行できるよう支援するという。

 イベントでは、マルケトの製品強化領域を以下の5点で整理した(図1)。

  1. 基盤
  2. セールス+マーケティング
  3. 人工知能(AI)
  4. アナリティクス
  5. ユーザーエクスペリエンス(UX)
図1:製品イノベーションで注力した領域
出典:マルケト
[画像のクリックで拡大表示]

Googleとの協調による基盤移行とAI機能提供

1.基盤

 2017年7月からパートナーとなったグーグルと協調を深め、マルケト自社のデータセンター内にあるアプリケーションをGoogle Cloud Platformに完全移行することを明らかにした。

 これまでマルケトはWebアクティビティのトラッキングなどのスピードアップを目指し、独自で処理能力を高めることに取り組んできた。しかしピーク時の信頼性とパフォーマンスの確保に加え、グローバルスケールでの安心感を提供するためにGoogle Cloud Platformへの移行を決断した。この一環で、国内データセンターの利用を意識する日本企業の要望にも応えられるようにする。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。