アドビ システムズは2017年9月13日に、同社のデジタルマーケティングソリューション「Adobe Experience Cloud」の強化を目指し、コンサルティングサービスを展開する「デジタル ストラテジー グループ」の創設と、人材育成サービスの「アドビ デジタル マスターズ ワークショップ」の開始を発表した。アドビは2017年3月に、Adobe Experience Cloudを「Marketing Cloud」や「Analytics Cloud」を含める形で再編している。

 デジタル ストラテジー グループは、アドビが実現した国内外の7000件以上の事例に基づいたコンサルティングサービスを提供するもの。デジタルマーケティングに関わる既存システムや組織を評価し、業務プロセスの最適化を手助けすることで、企業のデジタルトランスフォーメーション推進を支援する。

 「デジタルマーケティングの成功には、製品やテクノロジーだけでなく、戦略策定やシステム設計・導入、人材育成などを一気通貫で行う必要がある」とアドビ システムズ代表取締役社長の佐分利ユージン氏は設立の背景を説明する。デジタルマーケティングで顧客体験型モデルを導入したいが、その手順が分からずに悩む企業を、コンサルティングサービスによって支援していく。

 アドビ デジタル マスターズ ワークショップは専門のコンサルタントやトレーナーが、Web制作やデータ分析などに関わる基礎的なトレーニングと、専門知識を習得するための高度なトレーニングを提供するもの。企業一社ごとにカスタマイズした教育サービスとして展開する。「デジタルトランスフォーメーションの早期実現には、企業内で知見を蓄積することが成功の要因となる」と佐分利氏は話した。

アドビ システムズ代表取締役社長の佐分利ユージン氏
[画像のクリックで拡大表示]
米アドビ システムズ会長、社長兼CEO(最高経営責任者)のシャンタヌ・ナラヤン氏
[画像のクリックで拡大表示]

 米アドビ システムズ会長、社長兼CEO(最高経営責任者)のシャンタヌ・ナラヤン氏は、「さまざまな業界の知見を持つデジタル ストラテジー グループを介して、ベストプラクティスを企業と共有する。われわれの体験を企業にも感じてほしい」と同グループ設立の意図を示した。

 なお、同グループはグローバルな組織であり、日本ではスタート当初は10人程度で構成する。アドビのパートナーが展開するビジネスと共存していく方針であるという。