仕事の効率アップや資格試験の勉強などの管理に、手帳を活用している人は多いはず。ただ、この時期になると、早くも手帳を活かしきれていないビギナーもいるのではないでしょうか。あるいは、もっと手帳を活かす方法を考えている人も結構いるでしょう。今回は、手帳の習慣をアシストしてくれる文具の紹介です。「挟む」「貼る」「押す」だけの簡単・手軽な方法ばかりですので、ぜひ取り入れてみてください。

[画像のクリックで拡大表示]

開きたいページがすぐに開ける「挟む」文具

 手帳を使っていてもどかしいと思うことに、希望するページがすぐに開けないことを挙げる人は多いのではないでしょうか。たいていの手帳にはひもしおりが1、2本ついていますが、それでもよく開くページが何ページかある場合は、これだけでは足りません。該当するページに付箋を貼っておくのも悪くはないのですが、ヨレヨレになったり、汚れたりすることもあり、もっといい方法を探している人もいるかと思います。

写真1 開けやすさが追求されている「MAGNET MARKER」
[画像のクリックで拡大表示]

 これらの人にお薦めなのが「MAGNET MARKER」(HIGHTIDE、メーカー希望小売価格は税込497円)です。その名のとおり、マグネットの力で挟んで使います。挟んだときに2.5㎜の厚みがあるため指の引っ掛かりがよく、ひもしおりよりもサッと開くことができます。手帳の情報を素早く駆使したい人は、買って損はありません。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。