セブン-イレブンの店舗で利用できる無料Wi-Fiサービス「セブンスポット」の会員数が270万人を突破した。原動力となっているのがゲームなどで使う「ここだけの限定アイテム」や割引券だ。複数店舗にまたがるスタンプラリーも実施して、自宅と勤務先、通勤途中など、生活動線の中でセブン-イレブンの利用率を高めている。

 「子供にせがまれた親が、よく一緒に立ち寄っている」「お店の前で、携帯ゲーム機を持った子供が盛り上がっていた」─。

 無料のWi-Fi(無線LAN)サービスに注力したことで、こんな光景が見られるようになった店舗がある。コンビニエンスストア最大手のセブン-イレブンだ(写真2)。

写真2●セブン-イレブンが展開するセブンスポット
導入店舗は携帯ゲーム機向けなどのキャンペーンを告知(左)。POPでも訴求する(右上)。アクセスポイントは店内の天井に設置する(右下)。
[画像のクリックで拡大表示]

 子供たちのお目当ては、店舗で提供される無料Wi-Fiサービス「セブンスポット」に接続して入手できる、ゲーム用ソフトの限定アイテムである。任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドーDSシリーズ」の人気ソフトに対応したアイテムで、プレーヤーの力を強めたりゲームの場面を飾ったりできる。こうした限定もしくは先行配信のアイテムが無料で手に入る(図2)。

図2●独自性のある特典で来店を動機付けるセブン-イレブン
多様なコンテンツ提供で子供から中高年まで幅広い年齢層を誘導する。利用会員は270万人を超えた。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。