優れたクラウド関連事業者をビジネスパーソンへのアンケートで評価する「ベストブランド」では、第7回と同じ最多の15社が選出された(表1)。競争が激化するなか、上位グループの総合スコアが一段と浮上した形だ。グーグルやセールスフォース・ドットコムといった常連企業は依然として強いが、ヤフーが初選出となった。NECとIIJは第8回以来の再選出である。ベストブランドには届かないが、総合スコアが高い35社も表2に紹介する。

表1●ベストブランドに選出された企業
[画像のクリックで拡大表示]
表2●ベストブランドには届かなかったが高評価だった企業
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。