ソーシャルメディアの登場は既存メディアの形も変えつつあります。企業がマーケティングのために駆使してきたテレビCMやウェブサイトは、SNS(交流サイト)などの動向に大きく左右されるようになりました。企業は今後どうメディアを活用すべきなのか。そのヒントを探りましょう。

 日本アドバタイザーズ協会が「トリプルメディア・トリプルスクリーン戦略」を提唱したのが2010年です。以降、認知を得るための「ペイドメディア」、共感を得るための「アーンドメディア」、そして理解を得るための「オウンドメディア」を、どのように有機的につなぎ、効果を上げられるかがマーケティングの鍵となってきました(図1)。

図1●マーケティング活動に関わる媒体を3つに分けて役割を明確にして活用する
トリプルメディアとは
[画像のクリックで拡大表示]

 これらペイドメディア、アーンドメディア、オウンドメディアを「トリプルメディア」と呼びます。「商品・サービスの販売」や「企業ブランドの向上」といったマーケティング上のゴールを達成するための生活者との接点を整理したものです。

 最初のペイドメディアは、テレビやラジオ、新聞などのメディアを使った広告を指します。認知を得るために企業が外部企業に費用を支払い、その媒体に属しているファンへアプローチします。

 次のアーンドメディアとは生活者の情報の基点となる媒体。SNS(交流サイト)やブログ、掲示板、口コミなどが含まれます。ここで肯定的な評価や評判を受けることで、生活者からの共感を得られます。テレビであっても、ニュースや非広告的な番組は生活者の情報源となるためアーンドメディアとなります。

 アーンドメディアの中心的な存在がソーシャルメディアです。生活者の情報源として非常に重要なものだからです。最近はアーンドメディアをソーシャルメディアに置き換えることが増えています。

 最後のオウンドメディアは、生活者の理解を得るため企業のコントロール下に置いた場のこと。インターネット上の公式サイトやメールマガジン、リアルなショールーム、ダイレクトメールなどを指します。店舗やそこで働くスタッフや営業担当者も、顧客との接点となりオウンドメディアとして機能します。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。