Webマーケティングは、インターネットの普及と共に始まりました。今では企業・個人問わず、マーケティングをおこなう上で欠かせない存在となっていますが、どのように誕生し、普及・発展していったのでしょうか。今回は主なWebマーケティングの歴史を振り返ってみたいと思います。

Webマーケティングの始まり

 1980年代頃に誕生したインターネットが実際に普及したのは1990年以降ですが、それから現在までに様々なWebマーケティング手法が登場しました。

【インターネット黎明期】バナー広告時代 1994年~

 普及し始めたばかりの1994年、ある出来事が起こりました。米国最大手電話会社のAT&T社が、オンライン雑誌『HotWired.com』に世界で初めてバナー広告を掲載したのです。これにより、インターネット上での広告は新しい時代を迎えました。

世界初とされるバナー広告

 現在のバナーと比較すると、かなりシンプルで地味なバナーだと思われるかもしれませんが、当時は「ここをクリック」と言われるとインターネットユーザーはどんなデザインでもクリックしてしまったのではないでしょうか?

 また紙やテレビでの広告と違って、バナー広告はどのぐらい見られたか、どのぐらいクリックされか等のデータも判明することができ、マーケターにとっては非常に画期的な広告手段でした。このバナーの登場後、Web上でのバナー数は急増しました。お互いのWebページにバナーを掲載し、紹介し合う時代が始まったのです。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。