[画像のクリックで拡大表示]

 最近、企業がFacebookやTwitterといったSNSを活用したマーケティングに参加しているのをよく見かけませんか? 経済産業省は、SNSを始めとしたソーシャルメディアの活用が企業の活動を促進するための取り組みとして「有望な分野である」と報告しています。

 この記事では、「SNSマーケティングに興味がある」「これからSNSマーケティングをはじめたい」という方に向けて、いくつかのSNSの特徴をご紹介しながら、活用法もお伝えしていきます。

SNSマーケティングを知ろう

SNSマーケティングとは?

 SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)とは「ユーザ同士がつながること」を目的としたWeb上でユーザ同士が情報を交換するサービスです。よくソーシャルメディアとSNSを混同してしまう方がいると思いますが、ソーシャルメディアは「双方向にコミュニケーションが取れる媒体」を指すので、ブログや口コミサイトも含まれます。もちろん双方向にコミュニケーションが取れるという点ではSNSも当てはまるので、SNSはソーシャルメディアの一部であるといえますね。

 SNSマーケティングとは、そうしたSNSを活用したマーケティング活動を指します。

BtoB企業とSNSマーケティング

 ガイアックスが行った調査によると、BtoB企業でのソーシャルメディアの活用率は68.9%、特にFacebookは57.1%のユーザが効果を実感するなど、BtoB企業でもSNSマーケティングが有効であることが分かります。

 BtoB企業がSNSマーケティングを行うようになった背景のひとつに、スマートフォンの普及が考えられます。 スマートフォンの普及に伴いソーシャルメディア、特にFacebookやTwitterといったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の利用者が急増しました。ユーザはSNSから情報を得たり、SNSからの情報に影響を受けるようになりました。そのため、企業がSNSを活用することにより、近い距離でユーザとコミュニケーションがとれるのです。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。