[画像のクリックで拡大表示]

 今回は、最近注目を集めているオウンドメディアとその特長について、理解を深めるために、歴史や時代背景も含めてご紹介します。

 「オウンドメディアって実際役に立つの?」 「広告の方が手っ取り早いのに、なぜオウンドメディアにこだわるの?」

 という疑問をお持ちの方にお勧めの記事となっていますので、是非目を通してみてください。

オウンドメディアとは

 オウンドメディアを理解する為には、まずはトリプルメディアと呼ばれる概念を知ることが必要です。

 トリプルメディアとは、2009年秋に日本アドバタイザーズ協会によって提唱された、販売促進に用いられるメディアを大きく次の3つに分類するフレームワークのことです。

 1つ目は、ペイド(Paid)メディアです。お金を払うことで一部利用できる他社のメディアを指します。テレビ・新聞やWebの広告などがこれに含まれます。

 2つ目は、アーンド(Earned)メディアと呼ばれるメディアです。ユーザー全員が情報発信者となれるメディアであり、企業もユーザーの一員として参加し双方向型の自由な交流によって情報を伝搬させるメディアです。SNSや、コミュニティ型ブログなど(アメーバブログなど)がこれに含まれます。

 そして、3つ目がオウンド(Owned)メディアです。自社で運営し情報発信するメディア全てを指します。コーポレートサイト、自社ブログ、メールマガジン、カタログなどがこれに含まれます。

企業と消費者をつなぐ3つのメディア
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。