2018年5月9日、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯電話事業者3社による「+メッセージ(プラスメッセージ)」サービスがスタートしました。+メッセージとは「RCS(Rich Communication Services)」という仕様を使う、携帯電話ネットワーク用のコミュニケーションシステムです。1対1およびグループチャット(メッセンジャー)、動画・静止画、音声メッセージなどを送受信できます。

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯3社が2018年5月9日から「+メッセージ」サービスを開始
[画像のクリックで拡大表示]

 アプリケーションのイメージ的には、LINEやFacebookメッセンジャー、あるいはAndroidのハングアウトなどと同じような感じのサービスです。大きく違うのは、+メッセージ(RCS)が相手を電話番号で指定する点です。この点は従来のSMS(Short Message Service)と同じで、基本的には携帯電話事業者3社(Mobile Network Operator、MNO)間でメッセージをやり取りするサービスになります。3社以外の通信事業者、例えばMVNO(いわゆる格安SIMの事業者)の契約では、利用することができません。

「SMSの進化系」と言われても…

 携帯3社によれば「SMSの機能を進化させた新サービス」とのことですが、国内に関する限り、そもそもSMSはサービスのユーザー認証程度にしか使われておらず、コミュニケーションの手段として積極的に使うユーザーはそれほど多くありません。EU圏などでプリペイドSIMの売り文句に「SMS無制限」をうたう表記を見かけたり、深夜テレビで女性の静止画と電話番号を表示してSMSを送るように促すアダルト系のコマーシャルが流れたりと、SMSの利用が盛んな地域に比べると国内での存在感はイマイチです。

 世界的にみると、+メッセージのベースになっているRCSはSMSの後継のコミュニケーションサービスとして利用されています。その点では、地域を問わない汎用的なサービスとなる可能性があるのですが、現時点の+メッセージは海外のMNOとはやり取りできません。あくまで国内携帯3社の契約者間のみのサービスになっています。

 以上の地域差を生んだのは、NTTドコモの「iモード」です。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。