本連載の第1回では、Office 365でできることや、どのようなプランがあるかを中心に説明した。Office 365はクラウドサービスであるため、サービス内容も更新されていく。導入プランを検討する際は、あらためてプランやサービスの詳細を確認するとよいだろう。

 今回からは、Office 365で利用できるサービスを具体的に見ていく。30日間無料で試せる「Office 365 Business Premium(試用版)」に登録して、実際のサービス内容を確認すると、イメージをつかみやすくなるだろう。今回は、Office 365のサインイン時の画面や管理画面、基本となるメールや予定表などの機能を紹介する。

利用にはサインインが必要

 まず、Office 365のサインイン画面を見ながら、利用イメージを確認していこう。Office 365の利用を開始するには、サービスへのサインインが必要だ(図1)。サインイン画面(https://portal.office.com/)は、管理者とユーザー(ここでは従業員のこと)のどちらも同じだ。

図1●Office 365のサインイン画面。登録したユーザーIDとパスワードを入力してサインインする
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、サインイン後の画面の表示内容は、契約プランやアクセス権限(管理者かユーザーか)によって異なる(図2)。この画面からOffice 365で使えるソフトをダウンロードしたり、サービス利用画面にアクセスしたりできる。例えばOffice 365では、デスクトップ版のOfficeはDVDで提供されず、ここからダウンロードしてインストールする。Online版のOffice(Office Online)は、ログイン後の画面からアクセスする。

図2●サインイン時の画面。デスクトップ版のOfficeやOffice Onlineの機能を利用できる。管理者でサインインした場合は、右下に[管理者]のアイコンが表示されている。このアイコンをクリックし、Office 365の管理を行う
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。