誰もが使うパスワード。安直な文字列を使い回すのは危険だ。だが、長すぎると覚えられないし、複数用意するのはとても面倒。本特集では、“使える”パスワードの作り方、運用方法を解説する。

 SNSやネットショッピング、ネットバンキング――。インターネットで人との会話を楽しんだり、ショッピングしたり、口座のお金を移動したりと、Webサイトでさまざまなことができる便利な世の中だ。これらのWebサービスを利用するには、サインイン(ログイン)するためのパスワードが必須となる。ネットサービスが増えていく中、こうしたパスワードを管理することは、より一層重要なものになってきている。

 悪意のある第三者によってパスワードが盗み取られ、SNSなどが不正に利用されるケースは後を絶たない。昨年だけでも、さまざまなWebサービスで情報流出や金券の不正交換などの被害が発生している(図1)。

●不正ログインの多くはパスワードの漏洩が原因
図1 2014年に起こった不正ログインの被害実例。これらのほとんどが、自社のサーバーが狙われたのではなく、使い回したパスワードが漏洩したことが原因となっている
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。