本特集では、具体的な目的に沿って、Active Directoryの活用方法を解説する。

 今回の目的は、「基本的なセキュリティを強化したい」だ。企業システムにおけるセキュリティのリスクを低減するには、新たに有償ツールを導入しなければならないことが多い。しかし、基本的なセキュリティ対策であれば、Active Directoryのグループポリシーだけでも実現可能だ。

 まず、クライアントパソコンのパスワードの長さ、複雑さなどの要件を強制的に変更し、セキュリティを強化する方法を見ていこう(「今回の目的」の【1】)。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。