PDF文書を作成するには3通りの方法がある(図1)。(1)ソフトが持つPDF形式への書き出し機能を使う(2)PDF作成ソフトを使う(3)紙の印刷物をスキャンしてPDFにする――の3つだ。(1)は追加のソフトウエアや機器が不要だが、(2)はソフトウエアが必要になる。

●PDFファイルの作成方法は大きく3通り
図1 PDFに書き出す機能を持つソフトは、増加傾向にあるが多数派ではない。PDF作成ツールを使えるようにしておいた方がよいだろう
[画像のクリックで拡大表示]

 (1)と(2)の「PDFで保存する」「PDFを作成する」とは、多くの場合印刷するイメージそのままをPDFファイルに書き出すことだと考えればよい。従ってソフトの操作や設定は、印刷に関連しているものが多い。(3)は印刷物を取り込みデータ化するための機器も必要だ。機器はスキャナーが基本だが、安く済ませたければスマートフォンの内蔵カメラを使う手もある。

 3通りの方法を、パソコン、スマートフォン/タブレットに分けて見ていこう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。