これまで「Office 2016」全体の新機能や「Excel 2016」、「Outlook 2016」の変更点について紹介してきた。今回は、「Word 2016」と「PowerPoint 2016」、「OneNote 2016」、「Publisher 2016」、そして「Access 2016」についてまとめて見ていこう。

 変更点として目立つのは、Word 2016とPowerPoint 2016でオンライン経由の共同編集作業が強化された点だ。現状ではOneDrive for BusinessまたはSharePoint上のファイルを編集している場合のみ、アップグレードされた機能を利用できる。マイクロソフトによると、ほかのユーザーについては近いうちにこの機能を利用できるとのことだ。

他人の編集内容がリアルタイムで分かる

 Word 2016では、共同編集をサポートする機能「Real Time Presence」が搭載された。クラウド上(現在はOneDrive for BusinessとOffice 365 SharePointに対応)に保存された文書を複数のメンバーで同時に編集している際、ほかのメンバーが加えた変更内容がリアルタイムに反映される。

クラウド上の文書に修正を加えると(左)、ほかのメンバーの文書にも変更が反映され誰がどこを修正したのかを確認できる(右)。ほかのメンバーの変更内容は一定時間ごとに自動的に反映されるが、ファイルを上書き保存すればすぐに確認可能だ
[画像のクリックで拡大表示]
クラウド上の文書に修正を加えると(左)、ほかのメンバーの文書にも変更が反映され誰がどこを修正したのかを確認できる(右)。ほかのメンバーの変更内容は一定時間ごとに自動的に反映されるが、ファイルを上書き保存すればすぐに確認可能だ
[画像のクリックで拡大表示]
クラウド上の文書に修正を加えると(左)、ほかのメンバーの文書にも変更が反映され誰がどこを修正したのかを確認できる(右)。ほかのメンバーの変更内容は一定時間ごとに自動的に反映されるが、ファイルを上書き保存すればすぐに確認可能だ

 また文書の変更履歴は、Backstageビューの「履歴」から確認できるようになっている。作業ウィンドウに表示されたスナップショット(バージョン履歴)をクリックすると、新しいウインドウで以前の内容が表示される。

共同編集時の変更履歴は、「ファイル」→「履歴」で確認できる
共同編集時の変更履歴は、「ファイル」→「履歴」で確認できる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。