機械学習は、人工知能に包含される「学習」の技術要素の一つである。人工知能にはこのほか、探索やテキスト処理、自然言語処理、群知能、自律エージェントなど、さまざまな技術要素がある。

 そんな中で機械学習が注目されるのは、ビッグデータの活用が進んだからだ。収集したビッグデータを基に将来を予測するときに、機械学習を活用するわけだ。さらに、機械学習は膨大なコンピュータリソースを必要とする。このためクラウドサービスの拡大も普及を後押ししている。

 もちろん、機械学習は昔からあった技術。だが、ビッグデータとクラウド、そして機械学習機能を提供するオープンソースソフトウエア(OSS)や商用サービスの登場によって、ここ最近、急速に普及が進んだ。

 そもそも人工知能における「学習」は、大きく三つに分類できる(図A)。「機械学習(Machine Learning)」「深層学習(Deep Learning)」「強化学習(Reinforcement Learning)」だ。

図A●人工知能における「学習」の分類
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。