システム開発(SI)の現場に今、破壊的な変化が起こっている。パブリッククラウドを使うSIが急激に広がる中、従来型のSIモデルが機能不全に陥っている。ユーザーからベンダーがSIを受託し、自社の製品やサービスを基盤にアプリを開発するやり方では、クラウドの利点が引き出せない。クラウドに長けた新興勢力が台頭する一方で、古いやり方にしがみつくだけでは未来はない。ユーザー企業も、“ベンダー頼り”ではシステム開発が立ち行かなくなってきた。クラウドSIの成功を目指し、まずユーザー企業から変革は始まっている。