10台単位の物理サーバーを集約できるという説明を聞いて半信半疑だったが、本当にサーバー集約が実現して満足している」。

 モバイルコンテンツサービスのサイバードでシステム基盤を担当した飯田哲男氏(当時の役職はビジネス戦略統括本部テクノロジー戦略統括部統括部長、2016年4月1日付で異動)はこう語る。

 サイバードは2015年8月に、「コンテンツ事業」の新しいインフラとして、ニュータニックス・ジャパンのハイパーコンバージド(HC)製品「Nutanix NX」を導入した。

 現在、2UサイズのNutanix NXアプライアンス機を2台(物理ノードは4+2=6ノード)運用する。この上で60個ほどの仮想マシン(VM)を起動して稼働させている。

約50台の物理サーバーを集約

 従来は約50台、ラック10基ほどを占有していた物理サーバーはラック1基に収まるようになった。物理サーバーが減った分、それに付随するハード保守費などを75%程度削減できた(図1)。

図1●サイバードのサーバー移行前後の変化
サイバードはハイパーコンバージドでサーバー集約
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。