本題に入る前に、InstagramのTipsを1つ紹介しよう。

 Instagramで企業・店舗アカウントのプロフィールを見ると、「連絡する」という欄があるのに気づいているだろうか(図1図2)。「コンタクトボタン」だ。ユーザーが自らメールアドレス、電話番号などの連絡手段を設定できるほか、実店舗などは店の位置情報も掲載することができるのだ。企業や店舗側にとって、Instagramを見た顧客から予約が入ったり、店に足を運びやすくなったり効果が期待できる(図3)。

図1●スターバックス公式Instagram
[画像のクリックで拡大表示]
図2●コンタクトボタンの例
[画像のクリックで拡大表示]
図3●メールや電話だけでなく位置情報も掲載できる
[画像のクリックで拡大表示]

 通常のプロフィールからビジネスプロフィールに変更すると、このような企業の連絡先情報のほか、Instagramインサイト、直接投稿の宣伝ができる機能なども使える。ビジネス向けツールに切り替えるにはFacebook経由で本人確認をしたうえ、Facebookページをビジネスプロフィールと関連付ければよい。Instagramを本格的に運用したい特に実店舗経営者は、切り替えしてみてはいかがだろうか。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。