これまでの連載で様々なハッシュタグの切り口を紹介してきたが、今回は代表的なジャンルごとのお薦めハッシュタグの決定版をご紹介する。取り上げるのは「ファッション」「食べ物・グルメ」「旅行」「動物・ペット」の4ジャンル。ぜひ自社・店舗のジャンルに関係する項を読み、参考にしていただければ幸いだ。

 なお、一つの投稿に付けられるハッシュタグは30個までにしよう(図1)。付けたハッシュタグが30個までなら説明文も付けられるが、31個以上付けてしまうと説明文は付けられないので注意してほしい(フェイスブックによる説明)。

図1●説明文を付けたいならハッシュタグは30個まで
[画像のクリックで拡大表示]

ファッション:サブジャンルをバランス良く網羅

 ファッション系投稿に付けるハッシュタグは、どのように組み立てていけばいいのだろうか。

 ファッション系というジャンルは、さらに細かいサブジャンルに分けられる。具体的には、このように、ブランド系、アイテム系、タイプ別系、コミュニティ系、ニーズ系などだ。

 GU(@gu_global)の公式アカウントを例に見てみよう。このアカウントでは、「#fashion」という大カテゴリー系ハッシュタグに加えて、「#GU」「#ジーユー」「#GUSHOES」というブランド系ハッシュタグを付けている(図2)。また、スポーツスリッポンにフォーカスを当てた投稿のため、「#スリッポン」「#靴」「#シューズ」というファッションアイテム名が分かる中カテゴリー系ハッシュタグが付いている。

図2●GUのInstagram公式アカウント
https://www.instagram.com/gu_global/
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。