前回、プレゼンについて社内で喧嘩を始めたプロマネの宇佐木さんと、SEの虎岡さん。二人の勤めるzoozoo社の社長が、それを見かねて二人で話し合ってくるよう、会社から追い出しました。午後2時から始まった話し合いも、RFPについて一通り意見交換が終わり、議題は企画書へと移っています。喫茶店という人目のある場所なせいか、喧嘩にならずに話し合えているようですが……。

SE虎岡  ウサさんの企画書って、なんか長いよね。要点がまとまってないって言うか。

宇佐木  継ぎ足し継ぎ足しで作ってるからねぇ。最初に作った企画書に、次のコンペの内容を加えて、また次のコンペの内容を加えてってやってるから……。

SE虎岡  秘伝のタレみたいだね。

宇佐木  そもそも時間がないし、ここまで増築しちゃうとどこからどうしていいやら……。

SE虎岡  なんか、ダブって書いてるところもあるよね。

宇佐木  入力のところとか、デザイン選定のところでしょ?他にもいくつかあるけど。

SE虎岡  整理したら、半分くらいの量になるんじゃない?同じことを何度も言っているわりには、肝心なことが書いてない感じがする。一回、鹿野君に書かせてみてもいいんじゃないかな。

宇佐木  うーん。そうだねぇ……。

SE虎岡  あと、今回のコンペに関しては、ウツクシ美術館側の要望に応えてない感じがしたよ。

宇佐木  なんでもできますって言ってるんだけど。

SE虎岡  それはそうなんけど、「美術館らしい装飾性と機能美を兼ね備えた」って言われているのに、提案したデザインが地味なのはともかく、それの良さも企画書に書いてないよね。

宇佐木  一応書いたよ。「弊社は使いやすいデザインが得意です」って。

SE虎岡  デザイナーさんが頑張ってくれて、ウチにしては結構おしゃれなデザインなんだから、もっとアピールしようよ。このデザインのここに注力してますとか、これが特徴ですとか、もっとデザインのことについて、詳しく書けば良かったのに。

宇佐木  …………おおお。それだ!トラちゃん、良いこと言うね!コンペの前に聞きたかったけど。

図21-1 継ぎ足し継ぎ足し熟成させた企画書です
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。