図●米ワークデイの「Retention Risk」の画面例。退職しそうな従業員を探し出す機能を提供する
(画像提供:ワークデイ)

記事へ戻る