マイクロソフトのクラウドサービスといえば、Office 365のほかに「Microsoft Azure」が思い浮かぶ。2017年3月、日本国内でAzureの障害が複数回発生した。Azureで障害が発生したとき、Office 365に影響はなかったか。Office 365の販売パートナーに尋ねると、「Azureの障害でOffice 365が止まったという話はあまり聞いたことがない」という。ただ全くないというわけではない。Azureと連携する機能では、影響を受けてしまう。

 マイクロソフトは当初、日本を含むアジア向けのAzureやOffice 365のサービスをシンガポールや香港のデーターセンターから提供していた。その後、2014年からはOffice 365はAzureとともに国内データセンターから提供されている*1。

 国内のデータセンターといっても、国内1カ所ではなく、物理的に離れた東日本と西日本の2地域(リージョン)で運用している。さらに、それぞれのリージョンに複数のデータセンターがあり、冗長化を図っている。

Microsoft Azureのデータセンターの紹介ページ
[画像のクリックで拡大表示]
*1 Office 365の利用規約では係争時の管轄裁判所について東京地方裁判所と明記している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。