WebブラウザーでOffice 365を利用していると、テキストファイルを開いたとき文字化けすることがある。原因は、そのファイルがWindowsアプリケーションでは一般的な文字コード、「Shift_JIS(シフトJIS)」で保存しているからだ。回避策はあるのだろうか。

 Office 365の文字コードの標準は「UTF-8」。Windowsも内部処理はUTF-8が標準だが、テキストエディター(メモ帳)は標準でシフトJISのファイルを生成する。メモ帳で作成したテキストファイルをメールに添付して送ると、Webメールの「Outlook Web Access(OWA)」のプレビューでは文字化けする。

シフトJISのテキストファイルをOutlook Web Accessでプレビューすると文字化けする。
[画像のクリックで拡大表示]

 文字化けは、マイクロソフトのWebブラウザー、Microsoft EdgeやInternet Explorerに限らず、Google ChromeやMozilla Firefoxといったマイクロソフト以外のWebブラウザーで発生する。しかもWebブラウザー側の設定では解消できない。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。