この連載では、普段の仕事で役立つちょっとした“法則”“公式”を紹介します。今回は、「数字の対比で考える」法則です。

効率的な成果をあげるのに有効な「80対20の法則」

 短時間で成果をあげるには、まず効率を考えることが不可欠です。そこで役に立つのが「80対20の法則(パレートの法則)」です。

 この法則を発見したのはイタリアの経済学者ヴィルフレド・パレート。イタリアの国土の80%を人口の20%の人々が所有している事実に気づいたパレートは、研究の結果、この傾向がさまざまな分野にあてはまることを発見します。

 ビジネスでもいろいろな事柄にあてはまり、経験則として用いられる有名なものには、以下のようなものがあります。

1 売上の80%は20%の商品が生み出している。
2 成果の80%は20%の仕事からなる。
3 利益の80%は20%の社員がもたらしている。

 あくまでも80%、20%というのは、おおよその割合です。この法則は、多くの影響を与えている少数に注目してみる重要性を説いているのです。

 IT関係の事例では、「ソフトウェア開発の80%は、全コードの20%に集中する」「WEBサイトのページビュー(PV)の80%は上位20%のコンテンツが集めている」と言われています。

図1 上位20%の重要な仕事がうまくいけば、80%の成果につながる
[画像のクリックで拡大表示]

たとえば後者の場合、PVが伸び悩んでいるのなら、上位20%のコンテンツを特定して分析し、そこに対してSEO対策を強化したり、広告費を投下したりすることで、効率的な成果につながる確率が高くなる、といってもいいでしょう。

このように、この法則に注目してみることで、効率的な仕事をするためのヒントになったり、プレゼンや企画書の内容を説得力のあるものにできたりすることもあるかと思います。主要でない残りの80%に振り回されないためにも、この法則を覚えておくといいでしょう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。