IDC Japanは2017年12月13日、国内エンタープライズインフラストラクチャ市場における2017年~2021年の予測を発表した。2017年における国内エンタープライズインフラストラクチャ市場の支出額は、前年比0.9%減の7213億900万円になる。また、2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR)はマイナス0.8%を見込む。この結果、2021年の同市場は6987億7300万円になる。

国内エンタープライズインフラストラクチャ市場 支出額予測、2016年~2021年
(出所:IDC Japan)
[画像のクリックで拡大表示]

 IDC Japanでは、ITインフラストラクチャの構成要素のうち、サーバー、エンタープライズストレージシステム、およびデータセンター向けネットワーク機器を包括した市場を、エンタープライズインフラストラクチャ市場と定義する。また、国内エンタープライズインフラストラクチャ市場を、配備モデルの異なる国内トラディショナルインフラストラクチャ市場(非クラウド型配備モデル)と、国内クラウドインフラストラクチャ市場(クラウド型配備モデル)の2つのサブマーケットに分類している。

 同市場をサブマーケット別に見ると、2017年における国内クラウドインフラストラクチャ市場は、前年比16.2%増の1974億4800万円になる。2016年~2021年のCAGRは7.4%で、2021年には2431億600万円になる。一方、国内トラディショナルインフラストラクチャ市場は、2017年が前年比6.1%減の5238億6100万円、CAGRはマイナス4.0%で、2021年には4556億6700万円になる。

 国内クラウドインフラストラクチャ市場は、クラウド化されていないトラディショナルITからの需要シフトに加え、 デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みによる新規需要によって、プラス成長を持続する。なお、DXとは、企業が第3のプラットフォーム技術(クラウド、モビリティ、ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャル技術)を利用し、新しい製品やサービス、新しいビジネスモデル、新しい関係を通じて、価値を創出し、競争上の優位性を確立することを意味する。

 今回の発表は、IDC Japanが発行したレポート『国内エンタープライズインフラストラクチャ市場予測アップデート、2017年~2021年』(JPJ42923217)で詳細を報告している。本調査レポートでは、国内エンタープライズインフラストラクチャ市場における配備モデル別の支出額予測を提供している。

<プレスリリースへ>