IDC Japanは2018年4月11日、国内におけるファイル/オブジェクトストレージ市場の予測を発表した。2021年の国内ファイル/オブジェクトストレージ市場の支出額を1431億8600万円、2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR)を10.5%と予測している。

図1●国内ファイル/オブジェクトストレージ市場の支出額予測(2016年~2021年)
(出所:IDC Japan)
[画像のクリックで拡大表示]

 セグメント別では、大容量データを効率的に管理、活用可能なスケールアウト型のストレージ製品へのシフトが進んでいることから、スケールアウト型製品の2016年~2021年における支出額のCAGRは22.3%になると予測している。

 2017年の国内ファイル/オブジェクトストレージ市場の支出額は、929億2100万円となり、前年比の成長率は7.1%となる見込み。

 2017年は、スケールアウト型製品へのシフトが、よりいっそう進んだ。要因は、ファイルストレージにおけるスケールアウト比率の上昇が続いたことと、スケールアウト型のオブジェクトストレージにおける商用ソフトウエアを用いたSDS(ソフトウエア定義型ストレージ)の構築が堅調を維持したことである。

 今回の発表は、IDC Japanが発行したレポート『国内ファイル/オブジェクトストレージ市場予測、2018年~2021年』(JPJ42922718)で詳細を報告している。

 本レポートでは、国内ファイル/オブジェクトストレージ市場における支出額と出荷容量について、セグメント別(ファイルサーバー、スケールアップファイルストレージ、スケールアウトファイルストレージ、スケールアウトオブジェクトストレージ)に、2016年~2021年の分析と予測を行っている。

 また、オブジェクトストレージ市場におけるカテゴリー別(アプライアンス、商用ソフトウエア、サーバーハードウエア)の2016年~2021年の分析と予測を行っている。

<プレスリリースへ>