IDC Japanは2017年3月29日、2016年における国内でのサーバー市場の動向を発表した。2016年の国内サーバー市場規模は4421億円で、前年から12.8%減少した。出荷台数は51万8000台で、前年から7.8%減少した。

国内サーバー市場の推移(2012年~2016年)
(出所:IDC Japan)
[画像のクリックで拡大表示]

 2016年の国内サーバー市場は、x86サーバー、メインフレーム、その他のサーバーの全ての製品分野で、出荷額と出荷台数ともに前年からマイナスの成長となった。これに対して、国内サーバー市場の出荷額は、2013年以降、3年間プラス成長だった。x86サーバーの出荷額、出荷台数がともにマイナス成長となるのは、リーマンショック以降7年ぶり。

 メインフレームとその他のサーバーの出荷額は2桁のマイナス成長となった。メインフレームとその他のサーバーの出荷額が2桁のマイナス成長になったのは、前年にあった官公庁や金融向け大型案件の反動が要因となっている。官公庁や金融ではメインフレームの上位機種を採用するケースが多く、その更新需要が一巡しつつあるとみているという。

 IDC Japanでは、x86サーバーがマイナス成長となった背景として「サーバーリソース集約の加速がある」と見ている。今後、国内サーバー市場が成長するためには、「ニューワークロードを創造し、クラウドベンダーでのサーバーリソース集約効果を上回る、新たなコンピュート処理の需要喚起が必要」としている。

 ベンダー別の出荷額では、富士通が首位を獲得した。メインフレームとその他のサーバーは2桁のマイナス成長だったが、文教や医療分野での大口案件が貢献し、x86サーバーはプラス成長だった。

 2位は、NECだった。メインフレームとその他のサーバーは、前年の大型案件の反動で2桁のマイナス成長だった。x86サーバーも前年の大口案件の反動でマイナス成長だった。

 3位は、日本ヒューレット・パッカードだった。x86サーバーが2桁のマイナス成長だったが、その他のサーバーは2桁のプラス成長だった。

 4位は、日立製作所だった。x86サーバーは2桁のマイナス成長、メインフレームもマイナス成長だった、その他のサーバーでは3桁のプラス成長だった。

 5位は、前年から順位を1つ上げたデルが、日本IBMと同位だった。デルは、x86サーバーがプラス成長だった。日本IBMは、メインフレームとその他のサーバーともに2桁のマイナス成長だった。

 出荷台数においては、NECが首位を獲得した。富士通が2位、3位以下は、日本ヒューレット・パッカード、デル、日立製作所の順だった。なお、ODM Directの出荷台数は前年比5.8%のマイナス成長となったが、昨年同様上位ベンダーに相当する規模だった。