IDC Japanは2017年6月8日、国内BA(ビッグデータ/アナリティクス)ソフトウエア市場を調査し、2021年までの同市場の予測を発表した。BAソフトの市場規模は、2021年に3419億800万円となり、2021年までの年間平均成長率は8.4%になるとIDCでは予測している。

国内ビッグデータ/アナリティクスソフトウエア市場予測(2016年~2021年)
(出所:IDC Japan)
[画像のクリックで拡大表示]

 「分析情報管理/統合基盤」、「BI/分析ツール」、「パフォーマンス管理/アナリティクスアプリケーション」の3つの中分類市場と、中分類市場に含まれる16の機能別市場に分けて市場規模予測を行った。

 2016年の国内BAソフト市場は、前年比8.0%増の高い成長率を記録し、市場規模は2282億6000万円となった。2016年の国内BAソフト市場は、クラウド型DWHサービスの好調が継続している一方で、オンプレミス型の製品においても大型の導入が続き、大きな成長を果たした。企業は、クラウドとオンプレミスが併存するデータ分析環境を利用している。

 2021年までの予測期間を通し、BAソフトへの投資は、既存業務の改善をターゲットにしたものから、徐々に企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)をターゲットにしたものへと移行する。Hadoopなどのノンリレーショナル分析データストア、コグニティブ/AIシステム基盤、コンティニュアスアナリティクスソフトウエアなどが市場の拡大を牽引する。