IDC Japanは2016年10月20日、企業における情報システムの運用管理の実態に関する調査結果を発表した。国内の企業および組織を対象としたアンケート調査を2016年8月に実施し、309社から有効回答を得た。32.0%の企業が毎月運用ミスによる障害やトラブルを経験しているなど、システム運用管理において担当者のスキル不足が深刻な課題となっていることが分かった。

システムの運用上のミスで障害/トラブルが発生する頻度
(出所:IDC Japan)
[画像のクリックで拡大表示]

 システム運用管理における課題について質問した結果、「運用管理担当者のスキルが不足している」が32.0%で最も多い回答となった。その次に「運用管理の自動化ができていない」が30.7%、「システムの一元管理ができていない」が30.4%で続く。

 過去4回の調査においても、担当者のスキル不足は最も多い回答となっており、深刻な課題となっている。そのスキル不足によって、運用管理の自動化や一元管理ができない状況を招いてしまっていることが考えられる。また、運用管理担当者のスキル不足は運用ミスにつながりやすく、障害やトラブルが増えることが懸念される。

 運用ミスで障害やトラブルが発生する頻度について質問した結果、ほぼ毎日が1.3%、週に数回程度が7.1%、月に数回程度が23.6%となり、合わせて32.0%の企業が毎月運用ミスによる障害やトラブルを経験していることが分かった。

 サーバーの運用台数が100台以上の企業になると、ほぼ毎日が2.6%、週に数回程度が12.1%、月に数回程度が29.3%となり、毎月障害やトラブルを経験している企業の割合が44.0%にまで上昇する。サーバーの運用台数が多いと障害/トラブルの発生頻度が高くなっている傾向が示されている。

 クラウドサービスを利用している企業に対して、クラウドサービスの管理における課題について質問したところ、IaaSを利用している企業では「クラウドのサービスレベルが不安定である」が40.4%と最も多い回答となった。サービスレベルが安定していない状況が、多くの企業で発生している。

 PaaSを利用している企業では「サービスのプロビジョニングが自動化できていない」が34.1%で最も多い回答となった。リクエストに対して迅速にサービスを用意できていない状況が見受けられる。

 IaaSとPaaSの両方で上位の課題として挙がっているのが、「利用前に試算したコストよりも高くなっている」で、回答率はIaaSでは28.8%、PaaSでは25.0%になった。実際にクラウドサービスを利用してみると、試算していたコストを上回ってしまうという問題も発生していることが分かった。