IDC Japanは2017年3月16日、2016年第4四半期(10月~12月)と2016年通年(1月~12月)の国内外付型エンタープライズストレージシステムの支出額の実績を発表した。2016年第4四半期の支出額は425億500万円で前年同期比16.1%減、2016年通年では1830億5000万円で前年比8.9%減だった。

国内外付型エンタープライズストレージシステム市場の支出額推移(2010年~2016年)
(出所:IDC Japan)
[画像のクリックで拡大表示]

 2016年第4四半期の支出額のセグメント別内訳を見ると、メインフレーム向けが47億9000万円で前年同期比51.3%減、オープンシステム向けが377億1500万円で同7.7%減となった。メインフレーム向けは前年同期の金融向け大型案件の反動が出た。オープンシステム向けは、ハイエンドとミッドレンジの落ち込みが影響した。

 2016年通年での支出額のセグメント別内訳は、メインフレーム向けが243億4500万円で前年比27.5%減、オープンシステム向けが1587億500万円で同5.2%減となった。前年の2015年はメインフレームの大型更新期に当たり、メインフレーム向け支出額は前年比27.2%の高成長を遂げたが、2016年はその反動が出た。オープンシステム向けも、ハイエンド、ミッドレンジ、ローエンドの3つのクラスともマイナス成長になった。

 2016年の外付型エンタープライズストレージシステムでは、HDDからフラッシュへと搭載メディアの移行が進んだ。同年の支出額の中で、オールフラッシュアレイ(AFA)は168億5900で前年比84.3%増、ハイブリッドフラッシュアレイ(HFA)は582億3500万円で同7.7%増となった。これに対し、オールHDDアレイは1079億5600万円で同21.6%減となった。

 2016年の支出額に占めるフラッシュストレージ(AFAとHFAの合計)比率は41.0%(前年31.4%)に上昇した。大手ベンダーのビジネスが本格的に立ち上がったのに加え、重複排除/圧縮機能やストレージサービス機能の追加などで、特定用向けの特殊なストレージから汎用ストレージへの移行が進んでいる。

 2016年通年での国内外付型エンタープライズストレージシステム売上額は1739億9800万円で、ベンダー別売上額の上位5社は日立製作所(シェア19.7%)、富士通(17.5%)、デルとEMCが統合したデルテクノロジーズ(15.9%)、IBM(9.9%)、NEC(7.5%)だった。