IDC Japanは2017年6月26日、国内ソフトウエア市場の2016年の実績と、2017年~2021年の予測を発表した。IDCが定義するソフトウエア市場には、パッケージソフトウエア、SaaS(Software as a Service)、PaaS(Platform as a Service)の売上額が含まれる。

国内ソフトウエア市場予測(2016年~2021年)
(出所:IDC Japan)
[画像のクリックで拡大表示]

 2016年の国内ソフトウエア市場は、2兆6957億9700万円で、前年比成長率は2.2%だった。大分類市場別では、「アプリケーション市場」が前年比成長率2.1%、「アプリケーション開発/デプロイメント市場」が前年比成長率5.3%、「システムインフラストラクチャ市場」が前年比成長率0.3%だった。

 最も成長率が高い「アプリケーション開発/デプロイメント市場」では、企業のビッグデータに対する取り組みが本格化し、データ管理ソフトと分析ソフトの高成長が市場を牽引した。

 「アプリケーション市場」では、企業の働き方改革にともない、SaaS型の会議アプリケーションやファイル同期/共有ソフトの需要が拡大。場所やデバイスを問わずに業務を実現するアプリケーションが伸びた。

 一方、「システムインフラストラクチャ市場」では、仮想化ソフトとOSの売上減少が影響し、微増に留まった。

 2017年の国内ソフトウエア市場は、前年比成長率3.9%を見込む。2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR)は4.3%で、2021年に3兆3342億円に達すると予測しているという。大分類市場別の2016年~2021年のCAGRは、「アプリケーション市場」が3.3%、「アプリケーション開発/デプロイメント市場」が6.7%、「システムインフラストラクチャ市場」が4.1%と予測しているという。

 2016年~2021年のCAGRが最も高い「アプリケーション開発/デプロイメント市場」では、企業のビッグデータに対する取り組みがさらに活性化し、データ管理ソフトと分析ソフトの高い成長が今後も継続していくという。さらに、複数のクラウドサービスやオンプレミスシステムの連携、IoTによるプロセス自動化などで必要となるインテグレーション/オーケストレーションミドルウエアが高い成長を見せるという。

 「アプリケーション市場」では、AIの活用が拡大するにともない、コグニティブ/AIシステム/コンテンツ分析が急速に拡大するという。また、マーケティングのパーソナライズ化や顧客エンゲージメントの強化に伴い、CRMアプリケーション市場の成長も見込まれる。

 「システムインフラストラクチャ市場」では、多発する標的型サイバー攻撃対策に向けたセキュリティソフトへの投資が拡大することや、システム運用の自動化、SDNやSDSの導入が本格化することが市場を牽引するという。