今回は、出張時の宿泊先で、ノートPCをつなぐためのネットワーク環境について整理してみよう。

 日本国内のビジネスホテルに関しては、インターネット接続サービスを提供するところが増えている。Webサイトでネット接続環境についての情報を掲載している場合もあるので、予約時あるいは出発前にチェックしておくとよい。

 ホテルが提供しているインターネットの接続サービスは、有線LANとWi-Fiの2種類の接続方法がある。ホテルに到着したら、まずインターネットの接続方法を確認しよう。

 Wi-Fiが使える部屋なら、ノートPCやスマートフォンのWi-Fi設定を開き、ホテルが指定したWi-Fiのアクセスポイントに接続する。ホテルによっては、階数ごとあるいは部屋ごとなど多数のアクセスポイントを設置しているときもある。こうしたケースでは、設定からWi-Fiの電波状態を見つつ、一番電波が強いアクセスポイントに接続する。

超小型Wi-Fiルーターを持ち歩くと便利

 インターネット接続サービスが有線LANで提供されているなら、壁か卓上にLAN端子かLANケーブルが用意されている。それを持ち込んだPCに接続すれば、追加の設定なしでインターネットを利用できる。Webブラウザーを開くと認証ページが表示され、そのページで使用許諾の承諾や接続に必要な認証をするとインターネットに接続できるというホテルもある。

 有線LANはケーブルを接続するだけでよく、楽にインターネットに接続できる。ただし最近のノートPCは有線LAN端子がない機種もある。また、スマートフォンやタブレットの大半は、有線LANに接続できない。

 こうしたケースで重宝するのが小型のWi-Fiルーターだ。カバンに楽々入る大きさで、microUSBケーブルで給電できるルーターである。メーカーによっては「ホテルルーター」と呼ぶこともある。

 有線LANを小型のWi-Fiルーターに接続すると、その通信をWi-Fiに変換できる。そのため、有線LAN端子を持たないPCやスマートフォン、タブレットなどをインターネットに接続できる。また、1つの回線で複数台の端末を接続するときにも役立つ。

 Wi-Fiルーターを出しているメーカーの大半は、こうした小型の製品も出している。価格は総じて据え置き型より安く、低価格な製品であれば1500円程度で購入できる。出張や旅行が多ければ、1台持っておいて損はない。

小型ルーターがあれば、有線LANしか提供されていないホテルでも、手軽にWi-Fi経由でインターネットに接続できる。写真はバッファローの「WMR-433Wシリーズ」。税別の実勢価格は約1300円
(出所:バッファロー)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。