伊仏合弁STMicroelectronics(STマイクロ)社は、アニメーション表示に向けた12チャネル出力のLEDドライバーIC「LED1202」を発売した(ニュースリリース)。R(赤)とG(緑)、B(青)のLEDの組み合わせを4つ駆動できる。表示パターンと表示シーケンスをユーザーがプログラミングできる。最大8個の表示パターンと表示シーケンスをIC内部のレジスターに格納できる。外付けマイコンを介さずに表示できるため、マイコンの消費電力を削減できる。同社は、「よりスムーズな、より自然なLEDアニメーション表示を実現できる」としている。スマートホーム対応機器やウエアラブル機器、小型家電などに向ける。

アニメーション表示に向けた12チャネル出力のLEDドライバーIC
[画像のクリックで拡大表示]

 電源電圧範囲は+2.6〜5V。チャネル当たりの最大駆動電流は20mAである。最大駆動電圧は+5Vだが、電圧ヘッドルームは350mV(標準値)ある。チャネル間の出力電流のマッチング特性は、16mA出力のときに1%(標準値)、2.5mA出力のときに2%(標準値)である。8ビット分解能の電圧信号と12ビット分解能のPWM信号による調光機能を備える。400kHz動作のI2Cインターフェースを用意した。発売したICを複数用意することで、より多くのLEDを駆動できる。その際に、複数のICを同期させて駆動することが可能だ。

 チャネル間の位相シフト機能やLEDのオープン(開放)検出機能、過熱保護機能、フォールトフラグ出力端子などを備える。消費電流は、各チャネルの駆動電流が16mAのときに2.0mA(最大値)。待機時の消費電流は8μA(最大値)と少ない。パッケージは、外形寸法が1.71mm×2.16mm×0.5mmの20端子WLCSPと、外形寸法が3mm×3mm×0.6mmの20端子VFQFPNを用意した。動作温度範囲は−40〜+85℃。1000個購入時の米国での参考単価は、20端子WLCSP封止品が0.90米ドル、20端子VFQFPN封止品が1.15米ドルである。このほか評価ボード「STEVAL-LLL007V1」も用意している。