米AMD(Advanced Micro Devices)は、創業50周年を記念して、MPU「AMD Ryzen 7 2700X Gold Edition」とGPUカード「AMD Radeon VII Gold Edition」発売した(ニュースリリース)。同社は1969年5月1日に米カリフォルニア州サニーベールで創業している。

AMD Ryzen 7 2700X Gold Editionと購入特典品。AMDの写真
[画像のクリックで拡大表示]
AMD Radeon VII Gold Editionと購入特典品。AMDの写真
[画像のクリックで拡大表示]

 2製品のGold Edition仕様は以下の通り。Ryzen 7 2700X Gold Editionは50周年記念の金色パッケージに封止され、そのヒートスプレッダーには同社CEOのLisa Su氏のサインが印字されている。一方、Radeon VII Gold Editionは、本体の色がVibrant Redになっている。

 2019年4月29日から6月8日までの間に上記のGold Editionを購入すると、「AMD50 Game Bundle」として、「World War Z」と、「Tom Clancy’s The Division 2 Gold Edition」(Year 1パスなど付き)という2つのゲームを入手できる(いずれも1回限り、以下同)。さらに、Lisa Su氏のサイン入りステッカーとAMD50周年記念Tシャツも入手できるという。なお、Gold Editionではないが、AMD50 Game Bundleが供与される、MPUやGPUカードも複数ある。

 50周年記念のGold Editionは一部を除いて全世界で提供される。米国での推奨小売価格はRyzen 7 2700X Gold Editionが329米ドル。Radeon VII Gold Editionは699米ドルである。なお記事執筆時点では、日本で販売されるのはRyzen 7 2700X Gold Editionのみとなっている。