図研プリサイト(横浜市)は2019年5月20日、技術者にとって作業の参考になる情報を人工知能(AI)で推定、提示するシステム「ナレッジ活用ソリューション『Knowledge Explorer』」について、プッシュ通知機能の利用可能な新版を発売する(ニュースリリース)。従来版では、作業者が作成中の文書などから重要なキーワードをAIにより抽出し、関連性の高い他のキーワードも合わせて提示する機能を実装していた(関連記事)。新版では、関連するキーワードを多く含む文書を自動的に検索し、一定時間ごとに技術者へ提示する機能を追加した(図)。

図 図研プリサイトによるナレッジのプッシュ機能
ナレッジ活用を目的とした文書管理システム「Knowledge Explorer」の機能として実装。作業者が作成中の文書などをAIが自動で分析し、関連性の高い既存文書を提示する。
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、新製品に関する技術文書の作成中に、過去の類似製品の不具合レポートなどを提示し、検討漏れを減らすことなどを目的としている。キーワードで検索するだけでは、本来は関連性の薄い文書も大量に検索結果に混入し、本当に参照するべき文書が埋もれてしまう。AIの応用により「作業に全く関係のないナレッジが通知される可能性は少ない」(同社)としている。