ブイキューブとコニカミノルタは、コニカミノルタが開発した眼鏡型ウエアラブル端末「WCc」(ウエアラブルコミュニケーター)と、ブイキューブが開発したWCc向けアプリケーション「Smart Eye Sync」(スマートアイシンク)を組み合わせた遠隔作業支援ソリューションを2018年7月17日から先行販売する(ニュースリリース)。

コニカミノルタの眼鏡型ウエアラブル端末「WCc」と装着イメージ
コニカミノルタの眼鏡型ウエアラブル端末「WCc」と装着イメージ
(出所:ブイキューブ)
[画像のクリックで拡大表示]

 WCcは35gと軽量で、視界の邪魔になりにくいヘッドマウントディスプレー。スマートアイシンクは、遠隔での画面共有や相互書き込みをパソコンやスマートフォンで可能にする「xSync Prime」をWCc向けに最適化した専用アプリケーション。通信状態が悪い現場でも高品質な映像と音声を届けることができるとする。現場のリアルタイム画像を本部から撮影することや、画面に書き込みを加えながらの指示出し、多拠点との共有・展開を可能にする。

(左)コントローラーと、(右)共有画面に書き込むイメージ
(左)コントローラーと、(右)共有画面に書き込むイメージ
(出所:ブイキューブ)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回のソリューションでは、WCcとスマートアイシンクを組み合わせて、広い画角を確保しながら、これまでと変わらない動作で作業ができる。WCcは一般的な眼鏡と変わらない重さのため疲れにくく、ヘルメットと併用したり保護ゴーグルの上から装着したりすることが可能という。ハードボタンを外付けのコントローラーとして採用しており、手袋をつけたまま操作できる。例えば、本部からの呼び出しがあった際、作業中の現場スタッフはハードボタンを押すだけで通話を開始でき、WCc本体を操作する必要がない。さらに、本体カメラと外付けUSBカメラの2つを備えており、本部からは一定の距離を取った被写体映像と作業者目線の被写体映像を自由に切り替えて見ることができる。

 今後、ハードウエアの量産体制などを整えたうえで2018年中の正式発売を予定している。

システムイメージ
システムイメージ
(出所:コニカミノルタ)
[画像のクリックで拡大表示]