ソニーは、有効画素数4800万のスマートフォン向け積層型CMOSイメージセンサー「IMX586」を発表した(ニュースリリース)。イメージセンサーとして世界最小(ソニー調べ)の0.8μmという微細な画素サイズを開発し、1/2型(対角8.0mm)で4800万画素を実現した。2018年9月よりサンプル出荷を開始、サンプル価格は3000円を予定する。

積層型CMOSイメージセンサー「IMX586」
積層型CMOSイメージセンサー「IMX586」
(出所:ソニー)

 一般的に画素を微細化すると、1画素あたりの集光効率が悪くなり、感度と飽和信号量が低下する。今回、集光効率と光電変換効率を高めることに注力し、感度と飽和信号量の高い0.8μmの微細な画素の開発に成功した。画素数が増えたことで、デジタルズームを採用するスマートフォンのカメラでも高精細な撮影が可能になるとする。

【左】従来(有効画素数1200万)の画像と、【右】「IMX586」(有効画素数4800万)の画像
【左】従来(有効画素数1200万)の画像と、【右】「IMX586」(有効画素数4800万)の画像
(出所:ソニー)
[画像のクリックで拡大表示]
「IMX586」のQuad Bayer配列イメージ
「IMX586」のQuad Bayer配列イメージ
(出所:ソニー)

 高感度と高解像度を両立させるために、隣接4画素が同色のカラーフィルターであるQuad Bayer配列を採用。夜景撮影など低照度下の撮影時は、隣接する4画素の信号を加算することで、画素サイズ1.6μm相当(有効1200万画素)に感度を高める。日中の屋外など明るいシーンの撮影時は、イメージセンサーが備える独自の信号処理機能で配列変換を行い、リアルタイムで4800万画素の高解像度画像が撮影できる。

 さらに、独自の露光制御技術と信号処理技術をイメージセンサーに内蔵することで、従来の4倍となる広いダイナミックレンジと、リアルタイム出力を実現する。これにより、画面内に明るいところと暗いところが共存するシーンでも、白飛びや黒つぶれを抑えた画像をスマートフォンで撮影できるという。

独自の信号処理により配列変換を行う
独自の信号処理により配列変換を行う
(出所:ソニー)