エー・アンド・デイは、ドイツ工業規格が定める耐水構造「IP69K」に適合する防塵・防水構造を備えた計量台「SB-SW」シリーズを発売した(図、ニュースリリース)。同社製のインジケーターと組み合わせて使う。汚れを洗い流せるため、特に衛生面への配慮が必要な用途に向く。

図:「SB-SW」シリーズ
[画像のクリックで拡大表示]
図:「SB-SW」シリーズ

 IP69Kは、ドイツ工業規格のDIN 40050 PART9で規定されている等級だ。同規定はIP69Kについて、粉塵が内部に侵入せず、高温・高圧・スチームジェット洗浄の環境下でも有害な影響を受けないことを求めている。同シリーズは、100barまでの高水圧と80℃までの高温で洗浄できる。水没状態(水深1m以内、連続24時間)での洗浄にも対応する。加えてゴミや汚れがたまりにくいフレーム構造にして、細部まで洗いやすくした。

 最大ひょう量は6/15/30/60/150kg、外形寸法(幅×奥行き×高さ)は250×250×103~390×530×132mmで合計8タイプをラインアップした。価格は12万3000~17万円(税別)とする。