韓国Samsung Electronics(サムスン電子)は2018年8月15日、5G商用化を加速する5G NR対応マルチモードのモデムチップ「Exynos Modem 5100」を発表した。(ニュースリリース)。5G NR標準仕様を定める3GPPリリース15に完全準拠した業界初の5Gモデムチップになるとしている。10nmプロセス技術を採用するこのシングルチップモデムは、5G以外に、2G GSM/CDMAから、3G WCDMA、TD-SCDMA、HSPA、4G LTEまでの既存の無線通信技術にも対応する。

5G NR対応マルチモードのモデムチップ「Exynos Modem 5100」
出所:Samsung Electronics
[画像のクリックで拡大表示]

 5Gとして対応する周波数帯は、サブ6GHz(6GHz未満の周波数帯)とミリ波帯に対応。最大下り速度はサブ6GHzで2Gビット/秒、ミリ波帯の場合は6Gビット/秒と、これまでのデータ通信速度のそれぞれ1.7倍、5倍に性能改善されたものとなっている。4Gネットワーク使用時も、下りリンク時速度は1.6Gビット/秒の高速通信を実現する。

 Exynos Modem 5100ではモデムチップのほか、RFIC(Radio Frequency IC)やET(Envelope Tracking)、PMIC(Power Management IC)を提供。モバイル機器やIoT機器、超高画質動画、ホログラム、AIを使ったシステムや自動運転などの開発と早期の市場投入を支援する。2018年末までには顧客への提供を開始するとしている。