米Advanced Micro Devices社は、ハイエンドデスクトップPCやワークステーションに向けたMPU「Ryzen Threadripper」の第2世代品を正式発表した(ニュースリリース)。同社は2018年6月の「COMPUTEX TAIPEI 2018」の際に、今回の新製品の概要を発表している(関連記事1)。

今回の新製品。AMDの写真
[画像のクリックで拡大表示]

 第1世代のRyzen Threadripperは1年ほど前に発表された(関連記事2)。ハイエンドデスクトップPC向けで、2ダイ構成になっており、最大16コア/32スレッドが利用できた。今回の第2世代では、2ダイ構成で最大16コア/32スレッドのハイエンドデスクトップPC向け製品が2つ(製品番号末尾が「X」)。4ダイ構成で最大32コア/64スレッドのワークステーション向け製品が2つある(同「WX」)。

 これらの第2世代Ryzen Threadripperは、第2世代の「Ryzen Desktop Processor」と同じく(関連記事3)、米GLOBALFOUNDARIES社の12nm FinFETプロセスで製造され、第1世代製品に比べて若干の動作周波数向上とレイテンシ削減が実現した。パッケージは従来同様のSocket TR4で、第1世代と同じくAMDのX399チップセットを搭載したマザーボードで利用可能である。

 第2世代Ryzen Threadripperの4製品のうち、ハイエンドの「2990WX」は32コア/64スレッドで、動作周波数は定格3GHz/ターボ時最大4.2GHz。TDP(熱設計電力)は250W。価格は1799米ドルで、現在販売中。2018年8月31日には、ハイエンドデスクトPC向けの上位製品「2950X」が発売される。16コア/32スレッドで、定格動作周波数は3.5GHz/ターボ時最大4.4GHz。TDPは180Wで、価格は899米ドル。同年10月には残り2製品が発売される予定。「2970WX」は24コア/48スレッドで、定格3.0GHz/ターボ時最大4.2GHz動作。TDPは250Wで、価格は1299米ドル。「2920X」は12コア/24スレッドで、定格3.5GHz/ターボ時最大4.3GHz動作。TDPは180Wで、649米ドルとなっている。

タスクマネージャーを開くと64スレッドが稼働していることを確認できる。新製品のデモンストレーションを筆者が撮影
[画像のクリックで拡大表示]