GLM(本社京都市)とオリックス・レンテック(本社東京)は、GLMが開発した自動車用プラットフォーム(PF)のレンタルサービスを2018年8月20日に開始した(GLMのニュースリリースオリックス・レンテックのニュースリリース)。電気自動車(EV)向けの部品やシステムを開発する企業を対象に、有償で1~5年間貸し出す。料金は、60カ月のレンタルプランで月額14万3000円(税別)。

 貸し出すのは、スポーツカータイプのEV「トミーカイラZZ」に使用する「第1世代プラットフォーム」(図、関連記事)。車台とパワートレーンから成る。外装部分と完全に分離しており、PFだけで走行できるのが特徴という。2人乗りの4輪EVで、標準充電時間(満充電)は、200Vで約8時間、急速充電(80%充電)で約30分とする。開発中の試作品を同PFに搭載することで、動作確認や性能検証・評価が可能になる。

[画像のクリックで拡大表示]
図:新サービスで貸し出すGLMの「第1世代プラットフォーム」

 大手自動車メーカーの出身者を含むGLMの技術者が製品化に関する課題を抽出し、解決方法をアドバイスするサポートプランも用意した。同社の強みである自動車関連事業の技術・開発支援のノウハウを活用するという。

 長寿命化や低コスト化を図るバッテリー、車体軽量化のために新素材を使った部材、先端技術を搭載したセンサーやカメラといったEV向け製品の開発に同PFを利用することで、開発期間の短縮とコスト削減が期待できる。部品メーカーの他、素材・化学メーカー、IT企業など、新規参入を狙う企業の利用も想定する。年間で6社・6台程度の利用を目指す。

 オリックス・レンテックはオリックス自動車(同)と共同で、各種計測機器と車両をレンタルするサービス「Test Car Solution」を展開している(2016年12月26日付ニュースリリース)。次世代自動車の研究・開発の支援を目的とする同サービスを、新サービスによって強化するという。