ドイツ・ダイムラー(Daimler)は2018年9月4日、Mercedes-Benzブランドの新しい電気自動車「EQ」シリーズの最初のモデル「EQC」を発表した。容量が80kWhのLiイオン2次電池を搭載し、NEDCモードで100km当たりの消費電力は22kWh、1回の充電で走行できる距離は450km以上になる。2019年の中頃に発売する予定。

(写真はすべてDaimler)
[画像のクリックで拡大表示]

 二つのモーターを前後アクスルに搭載した4輪駆動車で、システム全体の最高出力は300kW、最大トルクは765N・mとなる。最高速度は180km/hに制限されており、停止状態から100km/hまで5.1秒で達する。

 車体寸法は全長4761mm、全幅1884mm(2096mmミラー含む)、全高1624mmで、ホイールベースは2873mmである。車重は2425kg(暫定値)で、バッテリー重量は650kgという。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 消費電力や航続距離は運転スタイルによって異なる。EQCには五つの運転モードがあり、最も効率を重視したモードでは、アクセルペダルの触覚的フィードバック機能によりドライバーに消費電力を抑える運転を促す。また、ステアリングの後ろのパドルで回生レベルを変更することも可能。「ECOアシストシステム」は、ナビゲーションのデータや交通標識、レーダーやカメラからの情報をもとに、路面状況や速度制限を認識し、ドライバーに減速を促す。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 水冷式オンボード充電器を備えており、家庭用電源や公共充電ステーションで充電できるほか、家庭用電源より3倍高速で充電できる急速充電器「Mercedes-Benz Wallbox」にも対応する。最大110kWの出力で、約40分で80%まで充電できる。

[画像のクリックで拡大表示]

 80kWhのLiイオン2次電池はフロア下に配置され、衝撃吸収フレームに囲まれている。フレームと電池の間にも衝撃吸収材を設置し、重度の側面衝突でも衝撃を緩和させられる。また電池の前面のバッテリーガードにより、異物が電池に当たるのを防ぐ。高電圧システムは、事故の度合いにより自動的にシャットダウンする。また、レスキュー作業員が手動でシャットダウンできるポイントも備えた。

 EQCは、2019年からドイツのブレーメン工場でエンジン車と同じラインで生産される。電池は子会社のDeutsche Accumotiveがドレスデン近郊のカーメンツ工場で生産する。ブレーメン工場のほか、中国の合弁会社である北京ベンツ(北京奔馳汽車)も中国市場向けのEQCを生産するために準備を進めている。